ユニホームは専門業者に依頼しよう|オリジナルファッション

スポーツに欠かせない ユニホーム

ニュース一覧

制作費用の相場

白いTシャツ

オリジナルtシャツの制作費用は、専門業者によって異なります。大量注文が得意な専門業者もいれば、質にこだわっている専門業者もいるので、希望に合った専門業者を選ぶことが大切です。

もっと見る

ドライ生地を選ぶ

野球

オリジナルユニフォームを作ることで、団結力を高めたり、企業の宣伝に活用したりすることができます。高機能なドライ生地も増えてきているので、最適なオリジナルユニフォームを作ることが可能です。

もっと見る

納期の確認

スポーツ

専門業者に依頼すれば、会社の名前やロゴを入れたユニホームを作ることが可能です。専門業者に依頼してユニホームを依頼するなら、納期を確認しておくことが大切です。納期を確認しておかないと、必要なときまでに間に合わないという事態も起きてしまいます。オリジナルユニホームの仕上げには、通常納期と最短納期の2種類があります。最短納期の場合は、通常納期よりも早く手元に届くので、急いでいるときにはとても助かります。ただ、最短納期の場合アイテムや注文できる地域が限定されることもあるので注意しておいたほうが良いです。通常納期の場合は、2週間程度かかることがほとんどです。ですからオリジナルユニホームを作る際は、最低でも2週間程度かかるということを、頭に入れておいたほうが良いでしょう。電話が繋がりやすかったり、見積もりの返答が早かったりする専門業者は、早く仕上げてくれる専門業者が多いです。

オリジナルユニホームを作る流れは、見積もりを行ない、デザインイメージの入稿をして、プリントとなります。プリントするウェアの種類やサイズ、色、デザインの大きさや色を専門業者に伝えることで正式な見積もりを出してもらえます。一般的には、2営業日~3営業日はかかりますが、その場で見積もりを出してくれるところもあります。見積もりが終了したら、プリントするデザインイメージを入稿します。手書きのラフスケッチを入稿することもできますし、ソフトでデザイン作成をして入稿することもできます。デザインが決まったら、正式な発注を行ないます。発注を受けたら、製版とプリントを行なっていきます。

定番の方法

男女

オリジナルtシャツのプリント方法は、シルクプリントやインクジェットプリントなどさまざまな方法があります。プリント方法によって、費用や耐久性などは変わってくるので、把握しておいたほうが良いです。

もっと見る